PR

ニュース プレミアム

かぐと追突事故が減るという「お香オイル」の実力

 香りで集中し安全運転を心がけてもらおうと、高松市の仏壇店「岩佐佛喜堂」が、松の香りをベースにしたオイルを製品化した。大学との共同研究では、松の香りをかぎながら運転すると、かがなかったときに比べて事故を減らす効果が確認できたという。

1滴足すだけで

 高松市の丸亀町商店街に本店を構える同社は、明治5(1872)年創業。仏壇や仏具の製作、販売を手掛けるほか、近年は線香やお香の開発にも注力している。岩佐武彦社長(63)は4代目にあたる。

 店に入ってすぐのひときわ目立つ場所に、新商品の「KOKO zero(ココ ゼロ)」のオイルと、香りを拡散させるディフューザーが並んでいた。いずれも自動車内での使用を念頭に開発された。

 使い方は簡単。ディフューザーに水とオイル1滴を入れ、電源ケーブルをUSBに接続。しばらくするとオイルを含むミストが吹き出し、松林にいるような爽快な香りが広がる。ディフューザーは、自動でオンとオフが切り替わる仕組み。岩佐社長は「香りに慣れてしまわないよう、一定の間隔で切り替わる設定にしている」と説明する。

オイル(左)とディフューザーを持つ岩佐武彦社長=3月10日、高松市
オイル(左)とディフューザーを持つ岩佐武彦社長=3月10日、高松市
その他の写真を見る(1/2枚)

適度な集中とリラックス

 商品は、同社と香川大創造工学部の鈴木桂輔教授との共同研究をもとに開発された。

 ドライビングシミュレーターを使った実験では、参加者が松の香りをかぎながら運転すると、適度な集中とリラックスが促されてブレーキへの反応時間が短くなり、香りをかがなかったときと比べて4割ほど追突事故を減らす効果が確認できたという。

 結果を受け、松の木から抽出したパインオイルにお香の成分を加え、多くの人が好む香りに調合した。

 香川県の昨年の交通事故死者数は47人。人口10万人当たりの死者数は4・89人で、都道府県別で3番目に多い。岩佐社長によると、ネーミングには「事故ゼロを目指したい」との願いが込められている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ