PR

ニュース プレミアム

新型コロナ禍 ライブハウスの悲鳴と矜持「遊び場守る」

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴うイベント自粛要請で、全国のライブハウス、音楽バーなどが苦境にあえいでいる。大阪のライブハウスを訪れた人の感染が確認され、小規模な感染者集団「クラスター」が発生していたことが判明して以降はイベントの中止も相次ぐ。「音楽イベント」への逆風も強まる中、ライブハウスの経営者らは先行きに不安を抱きながらも、「音楽を愛する者たちのため」と歯を食いしばる日が続いている。(織田淳嗣)

常連客の来訪

 「ゼロと1とでは全然違う。1人来てくれたことが本当にうれしかった」

 大阪・北浜の「ライオン橋」を渡った先にあるライブハウス「バンケットハウス」の店長、河合知記さん(33)は3月5日の1日をこう振り返る。

除菌液を入り口に置き、客を待つライブハウス「バンケットハウス」=3月10日、大阪市北区
除菌液を入り口に置き、客を待つライブハウス「バンケットハウス」=3月10日、大阪市北区
その他の写真を見る(1/2枚)

 同店はライブのない日は大音量のカラオケや楽器演奏をステージでできるバーとして営業。だが、新型コロナウイルスの感染拡大で2月下旬以降は客足が減少。これまでも化粧室にマウスウオッシュを常備するなど衛生・環境には配慮してきたが、さらに店の入り口に除菌液を設置するなど対策を強化。だが、3月に入ると状況は悪化。1回あたり10万円弱の売り上げのあるライブやパーティーが5件キャンセルとなった。それだけに3月5日も来客0人を覚悟していたが、1人の常連客が訪問してくれたという。深夜になり、さらに1組の客が来たが、それまではほぼ貸し切り状態だった。

 とはいえ苦境に変わりはない。河合さんは「3月の売り上げは半分近く減った。このまま長引けば払うものも払えなくなるかもしれない」とこぼす。アルバイトは全員休みとし、河合さん1人で切り盛りする日々が続く。

 同店ではイベントも多く開催してきた。バレンタインデーにはチョコレートファウンテンを設置。七夕の流しそうめん大会を催したり、ハロウィーンで仮装パーティーを実施したり。店で知り合った客同士が結婚したケースも複数ある。河合さんは「うちは歌や楽器で遊びたい人同士の結婚相談所みたいなもの。みんなの遊び場を守りたい」と営業を続ける。

「音楽をやる雰囲気がない」

 家族連れらが集うコンサートも中止の憂き目に遭っている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ