PR

ニュース プレミアム

新型コロナ感染者の「バイト隠し」 虚偽申告対策に特捜班発足 山梨県 

新型コロナウイルス感染者がアルバイトし、休業したセブン-イレブン山梨上石森店=山梨県山梨市上石森(渡辺浩撮影)
新型コロナウイルス感染者がアルバイトし、休業したセブン-イレブン山梨上石森店=山梨県山梨市上石森(渡辺浩撮影)

 新型コロナウイルスに感染した山梨県内の60代会社員男性がコンビニエンスストアでのアルバイトを保健所に隠していた問題を受け、県は感染者の行動把握と濃厚接触者特定を強化するため、長崎幸太郎知事直轄の「感染症対策特別チーム」を発足させた。感染者のプライバシー保護との兼ね合いに難しさを指摘する声もあるが、虚偽申告や隠蔽、矛盾を見破るため、ヒアリングに万全を期すよう、県警からの出向者7人も加わった“特捜班”だ。(渡辺浩)

虚偽申告で混乱

 バイトを隠していた男性は食品関係の会社の社員。6日にPCR検査で陽性が確認され、入院した。2月21日、複数の感染者が確認されている大阪市内のライブハウスでのコンサートに参加し、23日に帰宅した。

 当初の保健所への説明では、28日夜に37度台の発熱が出た後、自宅療養していたとしていたが、実際には3月1、2、4、5日の夜に山梨市の「セブン-イレブン山梨上石森店」で働き、接客していた。

 男性は7日午前4時ごろ、店のオーナーに感染を電話連絡し、オーナーは午後9時ごろ、保健所に「従業員が感染したのではないか」と照会した。

 男性が保健所にコンビニ勤務を否定したこともあり、オーナーの照会から、長崎知事が8日午後4時過ぎに記者会見して公表するまで約19時間かかった。

慎重過ぎる対応

 男性は副業として夜間、コンビニで働いており、保健所に嘘の説明をしたことについて「副業が会社にばれるのが怖かった」という趣旨の説明をした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ