PR

ニュース プレミアム

【一聞百見】「人生の秋」夫婦で寄り添い ハーブ研究家 ベニシア・スタンリー・スミスさん、写真家 梶山正さん夫妻

自宅近くを散歩、寄り添って談笑するベニシアさん(左)と梶山正さん夫妻。後ろの薪は自宅の薪ストーブで使う=京都市左京区(永田直也撮影)
自宅近くを散歩、寄り添って談笑するベニシアさん(左)と梶山正さん夫妻。後ろの薪は自宅の薪ストーブで使う=京都市左京区(永田直也撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 自然に囲まれた京都・大原の古民家でハーブを育て、ゆったりと丁寧な暮らしを楽しむ-。そんなライフスタイルがテレビ番組で紹介され、ファンが多いハーブ研究家のベニシア・スタンリー・スミスさん。最近、目が見えにくくなり、夫で写真家の梶山正さんが生活を支えるようになった。そうした日々をはじめ、それぞれの半生をつづった共著『ベニシアと正、人生の秋に』(風土社)が出版され、静かな感動を呼んでいる。大原の里に夫妻を訪ねた。

(聞き手 山上直子編集委員)

■プラス思考で

 「初めてここにきたときにびっくりしたの。ほら、見えるでしょ。(外の景色が)すごくきれいで」。ベニシアさんの視線をたどり窓から外を見ると、明るい日差しの向こうに透き通るような青空と少しかすんだ山々が見えた。夫妻は平成8年、築約100年の古民家を買い、移り住む。

 <この場所を見つけたとき、大原にずっといると思ったの。これって、本当に不思議なことよね>(同書から)。その予感通り、20年以上たった今も暮らしている。2人とも60代。子供も巣立ち、孫も生まれた。「人生の秋」というタイトルが、いかにもしっくりとくる。心配だった目のことを聞いてみた。

 「見えているけど見えていない。ちょっと説明が難しいな…」と、ベニシアさんが夫を振り返る。正さんが説明を引き受けた。「目はいいんですよ。ただ、脳の後ろの部分に問題があって、見えにくくなっているんです」。調子によって視力にも波があるそうで、「たとえば朝とか、お風呂に入った後は見えやすい。なんで? と思うけれど、そういうこともプラスに考えて、マイナスと思ったらアカンね」とベニシアさんは笑った。

 現在のところ確たる治療法はなく、進行を緩める薬を飲み続けている。薬は医者の処方にハーブも加え、「オリーブの葉も入っていて(他の薬とも)コンビネーションがいいんですよ」というあたりは、ベニシアさんらしい。散歩をしたり、庭の落ち葉を拾ったりとマイペースで過ごしている。とはいえ、病気を知った当初はショックだった。「毎朝言うんですよ、目が見えないって。わかってるよ、と答えてもまた次の日、見えないって怒る。でもいいや、最近はずっとニコニコしてるから」と正さん。

(次ページ)ハーブに囲まれ古民家暮らし…

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ