PR

ニュース プレミアム

【プロが指南 就活の極意】3月から「面接」 本番並みの準備を

2019年6月の新卒採用選考会の様子(鴨川一也撮影)
2019年6月の新卒採用選考会の様子(鴨川一也撮影)

 いよいよ、大学生や大学院生を対象とした就職活動がスタートします。新型コロナウイルスによる新型肺炎の感染拡大を受け、人が集まる大小のイベントで中止や延期が相次いでおり、就活への影響が懸念されます。

 現在の学生の就活スケジュールは、スタートから選考までの期間がわずか3カ月という短期集中型ですが、中でもスタート月となる3月は選考過程で第1関門となる書類締め切りが集中する月となります。

 この3月を乗り越えられないと、志望企業からの面接を受けることができなくなってしまうため、非常に苦しい就職活動になってしまいます。毎年、3月は多忙なスケジュールになるため、突然の変化に心身ともに疲弊する学生が続出します。何も知らないと後悔につながりますので注意してください。

 企業へのエントリーとセミナー参加時期は、どちらも3月に集中しています。3月は、一斉にエントリーが始まり、セミナーや説明会も連日開催されるようになります。同時にエントリーシートの記入と提出、筆記試験の受験など3月は就活漬けの日々となります。朝から晩まで就職活動のことばかり考える毎日になりますので、3月までに準備を怠っていた学生は非常に苦しい月となります。そして意外と思う人も多いかもしれませんが、3月であっても企業の面接は行われます。「面談」という名であったり「相談」という名であったりと言葉を変えて面接が行われます。選考と関係ないと企業の方が言っていたとしても実際は評価されていることが多いため、本番の面接のつもりで挑む必要があります。この時に企業研究ができていないとアピール不足になってしまいますので、1日も早く志望動機を話せるように対策を進めてください。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ