PR

ニュース プレミアム

【ビジネス解読】ファーウェイ「排除」の動き鈍く 韓国サムスンに誤算

ファーウェイのロゴ(ロイター)
ファーウェイのロゴ(ロイター)
その他の写真を見る(1/2枚)

 トランプ米政権の“封じ込め”策にもかからず、中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)が市場での存在感を強めている。スマートフォンの昨年の出荷台数で米アップルを抜いて世界2位に浮上、第5世代(5G)移動通信システムの核となる基地局インフラでも首位を維持しており、トランプ政権の圧力に乗じようとしていたライバル企業の目算は狂いそうな様相だ。

ファーウェイ2位に躍進

 米調査会社のIDCによると、2019年のスマホのメーカー別世界出荷台数は、韓国のサムスン電子が前年比1.2%増の2億9570万台(シェア21.6%)で首位を維持。前年2位だったアップルが8.5%減の1億9100万台(同13.9%)にとどまり、16.8%増の2億4060万台(同17.6)と大幅に伸びたファーウェイが逆転した。

 米政府は昨年5月、安全保障上の問題があるとして、ファーウェイを事実上の禁輸リスト「エンティティー・リスト(EL)」に指定。これ以降、ファーウェイには、米国製の高性能電子部品の調達や、スマホ向け基本ソフト(OS)で圧倒的なシェアを握る米グーグルのソフトサービスの利用などが制限される逆風が吹いている。

 にもかかわらず、首位サムスンとファーウェイの市場シェアの差は前年の6.1ポイントから4ポイントに縮小。スマホ市場のデータは、ファーウェイに自力で逆風を切り抜ける力があることを示した。

 これに脅威を感じているのは、2位の座を奪われたアップルより、むしろサムスンだろう。サムスンには、トランプ政権の「ファーウェイ排除」を好機とみて、5G移行のインフラ需要を取り込み、スマホにとどまらず、基地局でも覇権を狙う野心があるからだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ