PR

ニュース プレミアム

カズとイニエスタがJ1開幕前に対談 ほとばしるサッカー愛

初対面した三浦(右)とイニエスタがサッカーへの情熱をぶつけ合った(蔵賢斗撮影)
初対面した三浦(右)とイニエスタがサッカーへの情熱をぶつけ合った(蔵賢斗撮影)

 サッカーJ1の開幕に向け、カズこと横浜FCのFW三浦知良(52)と神戸のMFイニエスタ(35)の豪華対談が実現した。開幕節の23日に対戦する可能性もある両雄は、14日に都内で開かれたキックオフカンファレンスで初対面。今季中に2人合わせて90歳に迫る歴戦のベテランだからこそ分かり合えるサッカーへの愛、そして互いへの敬意を語り合った。

 開幕ムードを盛り上げるためにJリーグが用意した対談の舞台に、サッカーを愛する両スーパースターが乗っからないわけがない。壇上に用意された2脚の椅子に並んで腰を下ろすと、取り囲んだ100人を優に超える記者やカメラマン、テレビクルーらを前に今季にかける思いを熱く語り合った。

 プレーする国やカテゴリーに関係なく、カズはカズだった。13年ぶりとなるJ1にも、「J1であろうとJ2であろうと、サッカーに対する気持ちは変わらない。今まで通り、チームのために全力を尽くし、サッカーへの思いをそのままピッチで表現する」と気負いはない。

 一方、J1参戦3年目のイニエスタも「常にベストコンディションを保って100%のプレーをするように心がけてきた。日本で新しいサッカー、チームメート、対戦相手を知って成長してきた。今年も自分のベストバージョンをみせ、日本の皆さんに喜んでもらいたい」と自然体だった。

 ともにピッチでやり残したことはないといっていいレジェンドだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ