PR

ニュース プレミアム

【一聞百見】「地層は語る」秀吉が驚愕した慶長伏見地震 地震考古学者 寒川旭さん

地震考古学を提唱し成果を上げてきた寒川旭さん。自宅から有馬ー高槻断層帯(北摂山地)を望む=大阪府高槻市(鳥越瑞絵撮影)
地震考古学を提唱し成果を上げてきた寒川旭さん。自宅から有馬ー高槻断層帯(北摂山地)を望む=大阪府高槻市(鳥越瑞絵撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 死者6434人、4万3千人余りの負傷者を出した阪神大震災は四半世紀を経過し、来月には2万人以上の死者・不明者を出した東日本大震災が発生から9年となる。巨大地震のメモリアルのたびに展開される新聞・テレビの特集で、コメンテーターとして頻繁に登場しているのが地震考古学者の寒川旭さん(72)=産業技術総合研究所名誉リサーチャー=だ。ちょっと耳慣れない「地震考古学」だが、それは地震の発生源となる活断層や遺跡発掘の調査結果と、古文書などの歴史資料を結び付けて、地震の歴史を研究する学問。地震考古学の提唱者である寒川さんに、研究への思いを聞いた。(聞き手 上坂徹 編集委員)

■新たな学問分野を提唱

 「日本の地震と被害の歴史を知ることで、これからの地震への備え、教訓にしてもらいたいからです」。東北大学で地学、特に活断層の研究をしてきた寒川さんは、大学院博士課程を修了後、研究職として通産省工業技術院地質調査所(現産業技術総合研究所)に入所した。主な仕事は全国でみられる活断層を確認して、地図に書き込むことだった。地球の表面を隙間なく覆う十数枚のプレート(岩盤)どうしの相対運動によって、地震などの地学現象が引き起こされるとするプレートテクトニクス理論は1960年代に本格化。直下型地震は大陸側のプレートと海側のプレートがぶつかり合うことで大陸側プレート内部のゆがみが蓄積され、耐えきれなくなると岩盤が壊れ、ずれ(断層)を起こすことで発生する。

 「私の学生のころはその反対論がまだある時代で、活断層の研究をしていたのは全国で教授や学生が十数人でした。地質調査所に入ったころ、全国で確認されていた活断層は十数本程度で、発見すると、命名する権利があるので、張り合いはありましたね」。活断層の確認は空中写真から、地表の変位の痕跡を確認する方法や、地面に深さ3~4メートル、幅3メートル、長さ10メートル程度のトレンチ(調査溝)を掘って、壁面の地層の観察で過去の活断層の活動を調べる方法などがある。現在、全国で確認されている活断層は約2000カ所。寒川さんは約40カ所の命名をしたという。

(次ページ)被害の教訓、次代に伝える…

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ