PR

ニュース プレミアム

【オーケストラ神話のゆくえ 第5楽章】ゲーム、初音ミク…異ジャンルを攻める

派手な演出で、クラシックのコンサートとは違った熱気に包まれた「初音ミクシンフォニー2019大阪公演」(ハヤシマコさん撮影)
派手な演出で、クラシックのコンサートとは違った熱気に包まれた「初音ミクシンフォニー2019大阪公演」(ハヤシマコさん撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 娯楽が多様化する中、現代に求められる音楽とは何か-。オーケストラがゲーム音楽など異ジャンルの生演奏に挑戦する機会が増えている。チケットが即日完売する人気公演も多く、貴重な収入源となっているだけでなく、これまでクラシック音楽になじみのない客層にダイナミックで豊かなオーケストラサウンドの魅力を伝える絶好の機会としても期待されている。          (安田奈緒美)

♪未経験の熱狂

 オーケストラのリズムに合わせて、銀色のテープが派手に舞う客席に対し、舞台の照明は限界にまで絞られている。ステージで注目を集めるのは、スクリーンに映った青色の長い髪をした人気バーチャル歌手、初音ミクの姿だった。

 音楽の殿堂・フェスティバルホール(大阪市)で昨年12月に開かれたコンサート。動画サイトに投稿された初音ミクの人気曲を、オーケストラの生演奏で聴かせる趣向だ。ファンたちは、ふだん聴きなれた電子音楽とは違い、100人近くの音楽家が奏でるふくよかで迫力ある音色に酔いしれ、ホールには雄たけびのような「ブラボー」の声が何度も飛んだ。

 演奏を担当したのは大阪交響楽団(堺市)。事務局の山科孝義さんは「満席のお客さんの熱狂は、ふだんのクラシックコンサートでは味わったことがない」と感慨深げ。「クラシック畑で育ってきた楽団員も初音ミクやゲーム音楽のコンサートを重ねるうちに、自ら楽しみ、客席を楽しませようという意識が高まってきた」と思わぬ効果を強調する。

 大阪交響楽団はここ数年、初音ミクをはじめ、ゲーム音楽や映画音楽、ポップス歌手との共演など、従来のクラシック音楽のプログラムとは一線を画したコンサートを増やしている。その回数は平成28年度はわずか1回だったが、今年度は「モンスターハンター」といったゲーム音楽やポップス歌手との共演などで7回のコンサートを開催。来年度は12回を予定する。これらは企画会社などからの依頼公演で、楽団経営を維持するための貴重な収入源の一つになっている。

(次ページ)挑戦するDNA…

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ