PR

ニュース プレミアム

10度を下回らない海、養殖ノリの生産減続く

束ねられたのり。箱詰めにして出荷する=兵庫県淡路市の「巌水産」
束ねられたのり。箱詰めにして出荷する=兵庫県淡路市の「巌水産」
その他の写真を見る(1/2枚)

 日本の食卓に欠かせないノリの取引価格が生産の減少により高値で推移している。全国有数の産地として知られる兵庫県の淡路島や播磨灘でも生産減が続いているが、原因として漁業関係者が口をそろえるのが、今シーズンの記録的な「暖冬」。生産海域の海水温が平年より2度ほど高く、収穫期の短縮も余儀なくされそうだ。近年は瀬戸内海の“きれい過ぎ”問題もあって養殖ノリの「色落ち」も懸念されており、高値はしばらく続きそうだ。(勝田康三)

収穫期にも遅れ

 兵庫県では、淡路島周辺や神戸市から赤穂市にかけての播磨灘で養殖ノリの生産が盛んに行われている。各港近くに加工場が並び、船から水揚げされたノリを洗ったり乾燥させたりして1枚(縦19センチ、横21センチ)のノリに仕上げていく。

 大阪湾に面した海域がエリアの森漁協(淡路市)の副組合長で、ノリ加工会社「巌水産」を営む森吉秀さん(59)は昨今の生産減について「周辺海域の水温がこの時期の適温の10度以下にならない。暖冬が原因だ」と強調する。

 森さんによると、今年1月末の周辺海域の水温は12度ほど。かつて、この時期には養殖に適した8~9度ほどまで下がっていたが、ここ数年は10度を下回らない。水温が適温にならないと、生育の遅れや病気の恐れが高まるという。

 淡路島周辺の収穫時期は12月ごろから4月ごろまでだが、「始まりは遅く、終わりは早くなった」というのが生産者の共通認識。島内の漁協関係者でつくる淡路水交会の東根寿(ひさし)会長は「生産枚数は(大不漁とされた)昨期並みになりそうだ」と表情を曇らせる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ