PR

ニュース プレミアム

スーパー高校生が日本バスケを変える 18歳Bリーガー河村勇輝

 プロバスケットボール男子のBリーグで、最年少デビューを果たした高校3年生が日本のバスケット界に活気をもたらしている。Bリーグ1部(B1)の三遠ネオフェニックスに加入した河村勇輝(18)=福岡第一高=だ。身長172センチの小柄なポイントガードの武器は、抜群のスピードとパスセンス。「超高校級」と評価されてきた才能は、プロ選手相手でも堂々たるプレーを続けている。将来の日本代表、NBA入りへと期待は膨らむ。 (上阪正人)

ブーイングにも「いい経験」

 ルーキーへの手厳しい洗礼。いや、敵地の観客からもプロとして認められている証といえるだろう。

 2月8日、滋賀県守山市民体育館で行われた滋賀レイクスターズ戦。フリースローを投じようとした河村に、滋賀ファンから一斉にブーイングが浴びせられた。その影響か、河村はスローを外してしまった。その後もフリースローのたびにブーイングは続いたが、試合後、「全てのことが初めてでいい経験になっている」と意に介さなかった。

 司令塔のポイントガードを務める河村の武器は、体格を補って余りあるスピードに乗ったドリブル突破と、広い視野を生かした巧みなパス。シュート力にも優れ、物怖じしないメンタルの強さも魅力だ。

 8、9日の連戦となった滋賀戦では、自らインサイドに切り込んでのレイアップや3点シュートを次々と決め、初戦は11得点、2戦目はチームトップの19得点をマーク。得意のノールックパスも披露した。

 同じポジションで対峙した滋賀の斎藤拓実(24)は「自分が高校生の時にはあんなにうまくなかった」。シューティングガード兼スモールフォワードの前田怜緒(22)も「これまでと違う環境なのに、落ち着いている。すごいメンタルの持ち主だなと思う」と舌を巻いた。

代表司令塔も認めた才能

 小学生の頃にバスケットを始めた河村は、中学卒業後に地元の山口県を離れて強豪の福岡第一高に進学。昨年は8月の全国高校総体優勝に続いて12月の全国高校選手権では2連覇し、チームを2冠に導いた。高校バスケット界最大のスター選手だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ