PR

ニュース プレミアム

生まれた時から異次元の身体能力? 「アジアの鉄人」が語るアスリートの育て方(上)

ロンドン五輪の男子ハンマー投げで2大会ぶりのメダルを獲得した室伏広治さん(右)は、父の重信さんとがっちり握手を交わした
ロンドン五輪の男子ハンマー投げで2大会ぶりのメダルを獲得した室伏広治さん(右)は、父の重信さんとがっちり握手を交わした
その他の写真を見る(1/2枚)

 今年は五輪イヤー。4年に1度、アスリートたちが紡ぐドラマは、多くの人の胸を熱くし、時に涙を誘う。自分の息子や娘をオリンピアンに-。そんな淡い夢を抱く人も多いのではないだろうか。将来アスリートとして飛躍するには、幼少期にどんな経験をさせておく必要があるのか。幼いころから数々の“伝説”を持っていたのは、2004年アテネ五輪のハンマー投げ金メダリスト、室伏広治さん(45)。「アジアの鉄人」こと父の重信さん(74)の子育ての極意とは。(鈴木俊輔)

驚異の父子

 まずは、ともにハンマー投げのトップ選手として活躍した2人の足跡を振り返りたい。1972年ミュンヘンから84年ロサンゼルスまで、4大会連続で五輪代表となった重信さんは、日本選手権で10連覇を含む12度の優勝。五輪メダルこそ手が届かなかったが、アジア大会は5連覇を果たした。

 長男の広治さんは、23歳で父の持つ日本記録を塗り替えると、日本選手権は20連覇を達成。五輪は2000年シドニーから出場し、04年アテネで金メダル、12年ロンドン五輪で銅メダルを獲得した。日本選手権は昨年で103回目。2人で32回も制したことになる。

 さて、広治さんはどんな子供だったのか。広治さんが生まれたのはミュンヘン五輪から2年後の昭和49年。重信さんは現役選手として、練習に打ち込みながら子育てに取り組んだ。このときすでに広治さんの伝説は始まっていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ