PR

ニュース プレミアム

【ラグビー通信】今季でSR除外のサンウルブズ 初の白星発進ができた理由

初戦のレベルズに勝利し、観客にあいさつするサンウルブズフィフティーン=レベスタ
初戦のレベルズに勝利し、観客にあいさつするサンウルブズフィフティーン=レベスタ
その他の写真を見る(1/2枚)

 前評判を覆す上々のスタートを切った。スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズは2月1日に福岡・レベルファイブスタジアムで行われたレベルズ(オーストラリア)との今季初戦に36-27で競り勝ち、SR参戦5季目で初の白星発進となった。今季限りでのSR除外が決まり、トップリーグ(TL)とシーズンが重なった影響で昨年のワールドカップ(W杯)日本代表勢不在で臨むラストシーズン。過去5戦5敗の難敵から挙げた殊勲の白星の背景には、「W杯翌年」という事情とこの試合に懸けたコーチ陣、選手たちの奮闘があった。

 「3、2、1、ゼロ!」。1万426人が来場したスタジアムにカウントダウンの声が響く。80分終了を確認してボールを外にけり出し、ノーサイドの笛が鳴ると、サンウルブズの選手たちは次々と抱き合って喜びをあらわにした。2勝14敗の最下位に終わった昨季、国内では1勝も挙げられなかったチームがいきなりの白星。SRデビュー戦でいきなり先制トライを挙げ、チームを勢いづけた共同主将のCTB森谷は「準備したことを出せてうれしい」と笑顔を見せた。

 SRは15チームを5チームずつ、3カンファレンスに分けて行われる。レベルズは昨季7勝9敗と、サンウルブズと同じオーストラリア・カンファレンスで2位に食い込んだ難敵。過去5度の対戦でサンウルブズが勝ったことはなく、昨季は敵地で15-42、ホームでは7-52の完敗を喫していた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ