PR

ニュース プレミアム

【通崎好みつれづれ】見えなくて見えるもの

榎並悦子さんが撮影した、トロンボーンソリスト・鈴木加奈子さんと、パートナーの盲導犬「アリエル」の一枚
榎並悦子さんが撮影した、トロンボーンソリスト・鈴木加奈子さんと、パートナーの盲導犬「アリエル」の一枚
その他の写真を見る(1/6枚)

 右手に杖を持った人の左手を介助者が握り、2人で歩む後ろ姿。影が大きく伸びる。そんなモノクロ写真に、短歌が添えられている。「手をかれば歩めるこの身の幸せを見えぬ目をもて見つめていたり」(桑原てい)

 一目見て、ひきつけられた。視覚障害をもつ老若男女を撮った、榎並悦子(えなみ・えつこ)『光の記憶 見えなくて見えるもの-視覚障害を生きる』(光村推古書院、2020)に掲載されていた一枚だ。

 東京在住のカメラマン、榎並悦子さん(59)は、京都市の出身。大阪芸術大学写真学科に進学し、自身の作品制作について模索する中、ふと、中学時代、大掃除の手伝いで訪ねた盲養護老人ホーム船岡寮(京都市北区、その後移転)のお年寄りたちとの交流が記憶によみがえる。

 思い出させてくれたのは、下宿に飾っていた「都わすれ」の造花。高校生の時、船岡寮で入居者のおばあさんにもらったものだった。再び船岡寮に通い時間を重ね、24歳の時、撮りためた写真で展覧会を開き、写真集『都わすれ-盲老人ホーム<船岡寮>の日記』にまとめた。

 本書『光の記憶』は、「年女」に依頼することが恒例のフォトギャラリー、企画展のために撮り下ろされたものが主だが、冒頭に紹介した写真を含む24歳の時に発表した作品も収められている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ