PR

ニュース プレミアム

【プロが指南 就活の極意】企業説明会に出席できない 3月1日「広報解禁」までにやるべきこと 

就職活動の採用面接に臨む学生(鴨川一也撮影)
就職活動の採用面接に臨む学生(鴨川一也撮影)

 3月1日。この日は就職活動の広報解禁となる日です。解禁日になると問題になるのが、「行きたい企業の説明会の予約がとれない」学生が出ることです。説明会に参加しないと選考を受けることができない企業もありますので、そのようなことにならないように今から準備を進めておく必要があります。

 特に絶対にあってはならないのが、3月1日になってどこの企業説明会に参加しようか…と悩んでしまうことです。悩んでいるうちに説明会が満席となり予約ができないということもありますので、今のうちから企業を選定しておく必要があります。

 また、最近は企業へのエントリーを自分1人で行うのではなく、家族に協力してもらう学生も増えています。それは上述したように説明会の予約をとるのに1人の力では限度があるからなのですが、企業の数があまりにも多いため、事前に整理して共有しておかないと時間だけロスしてしまうことがあります。やるべきことは多いのですが、まずは2月下旬までに以下を整理してください。

【1】志望業界の決定

【2】志望業種の決定

【3】志望企業の決定

【4】志望職種の決定

【5】1~4の優先順位の決定

 昨年の話になりますが、ある企業の説明会が3月1日に開示されて5分で満席になり、以降、日程が追加されなかったケースがあります。もたもたしていると、説明会に参加できないということになりますので注意してください。

 最後に、エントリーを1人で行うのではなく、家族の方、特に親御さまにお願いする場合は、就職ナビサイトの操作に事前に慣れておく必要があります。慣れないまま1日を迎えてしまうと、うまく操作ができずにエントリーができない可能性もあります。時間のある2月中に、操作方法を把握しておくことをお勧めします。

 人によっては「そこまでしなくても良いのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、スピード勝負になっている現在の就職活動では、「ここまで」する必要があるのです。新卒で入社できる企業は、人生で1社だけです。この貴重な機会を無駄にし、後になって後悔する状況は避けてほしいと思っています。

 スタートダッシュに成功するために、今回紹介したことをぜひ実行してほしいと思います。今できる最大の準備を行い、万全の状態で説明会解禁日を迎えてください。(「内定塾」講師 齋藤弘透)

 ここ十数年で新卒の就職活動も大きく変化してきました。今年は特に変化の年になります。新卒の就職活動は、世の経済状況や世相を反映しやすく、年によって状況が異なります。東京、名古屋、大阪の主要都市を中心に全国12校舎を持つ、就活塾・予備校最大手の「内定塾」講師が、就活事情の最前線をご紹介します。

 内定塾:http://www.naitei-jyuku.jp/

 内定塾の志望動機:http://www.naitei-shiboudouki.com/

 内定塾facebook:https://www.facebook.com/naiteijyuku

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ