PR

ニュース プレミアム

【歴史シアター】天下取りへ信長の強い決意 岐阜城跡から天守台石垣

斎藤道三、織田信長の居城だった岐阜城。通路下の石垣は織田時代の名残だ=岐阜市
斎藤道三、織田信長の居城だった岐阜城。通路下の石垣は織田時代の名残だ=岐阜市
その他の写真を見る(1/2枚)

 戦国武将、斎藤道三(~1556年)によって築城され、織田信長(1534~82年)が改修・整備した岐阜城(岐阜市)。その城跡から初めて、信長時代の大型建物の土台を支えたとみられる石垣が見つかったことで、岐阜城は天守(多層の大櫓(おおやぐら))を備えた画期的な城だったことが裏付けられた。天守のある城を信長が造ったのは、安土城(1579年築城)が最初とされていたが、それを10年以上早める。岐阜城は信長が「天下布武」の朱印を使い始め、国内統一への足掛かりにした城。築城にもその強い意欲が表れていたようだ。(編集委員・上坂徹)

■にぎわう城下町

 「人口は8千ないし1万人。出入りはバビロンの混雑に等しく、各国の商人が集まり、その雑踏で何も聞こえないほど。…(信長の居館は)ポルトガルおよびインドから日本に来るまでに見た宮殿・家屋の中で、このように精巧・美麗・清浄なものがないのは疑いない」

 永禄12(1569)年、岐阜を訪れたイエズス会のポルトガル宣教師、ルイス・フロイスは書簡の中で、信長が治める当時の岐阜城や岐阜の町の様子をこう描いている。

 岐阜城が築かれたのは岐阜市の中央部に位置する金華山(きんかざん)(旧名・稲葉山、標高329メートル)の山上。天文8(1539)年ごろに、斎藤利政(道三)がこの場所に稲葉山城を築城。城下に井口(いのくち)と呼ばれた町を建設した。道三はここを居城として、美濃(岐阜県)を支配した。天文23(1554)年、隠居して家督を長男の義龍(よしたつ)に譲ったが、病死。家督を継いだ龍興(たつおき)が城主だった永禄10(1567)年、織田信長に攻められて、龍興は稲葉山城から逃亡。信長が入城した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ