PR

ニュース プレミアム

【河村直哉の時事論】「心の傷を癒すということ」敬意を表する

精神科医の安克昌氏
精神科医の安克昌氏

 敬意を表したい。NHK土曜ドラマ「心の傷を癒(いや)すということ」(1月18日~2月8日)の制作スタッフ、俳優のみなさん、脚本、音楽を書かれた方、ほか、かかわられたすべての方々に対してである。素晴らしい映像作品が誕生した。

■命の通った人物造形

 平成7年の阪神大震災で被災地の精神医療に奔走し、日本における「心のケア」の先駆けをなした実在の精神科医、故・安克昌(あん・かつまさ)さんをモデルにしたフィクションである。大震災当時、神戸大学医学部の助手だった。

 柄本佑(たすく)さんが主人公の安和隆を、尾野真千子さんが妻の終子を演じた。柄本さんの役作りは、ほとんど入神の技といっていい次元に入っていたのではないかと思う。

 髪形や外見も実在の安医師に似せていたのだが、それだけではない。優しくて控えめで、かつ芯のある性格も描かれていた。単に似せていたというと適切ではない。柄本さんやスタッフは実在の安医師におそらく深い敬意と愛情を持ち、ひたむきに研究しながら、安和隆という命の通った人物を造形した。

 これまでも書いてきたことであるが、筆者は実在の安医師を知っている。阪神大震災前から面識があり、地震の直後から産経新聞で精神的な問題について報告する「被災地のカルテ」という連載を始めてもらった。連載をもとにした本「心の傷を癒すということ」で平成8年に安医師はサントリー学芸賞を受賞し、さらに多忙になった。12年、3人目の子供が生まれた直後、がんのため39歳で彼は亡くなった。いまなお悲しい記憶である。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ