PR

ニュース プレミアム

京大院卒リケ女が大手IT企業内定辞退して選んだ「振り売り」の生き方  

振り売りの場はお客さまとの大事なコミュニケーションの場=京都市左京区
振り売りの場はお客さまとの大事なコミュニケーションの場=京都市左京区
その他の写真を見る(1/3枚)

 農家が店舗を持たずに顧客に京都の地野菜などを売り歩く“振り売り”。今では見ることも珍しくなった販売スタイルだが、1人の若い女性がこの振り売りに挑戦、注目を集めている。京大大学院修了後、大手IT企業内定を辞退してこの世界に入った角谷(すみや)香織さん(31)。被災地支援で訪れた福島で野菜に出合ったことがきっかけで、自分の生まれ育った京都の野菜と人をつなげる活動を続けている。(田中幸美)

軽自動車の荷台に野菜

 「今なら大根がお薦めです。わさび菜は生だとピリッとおいしいですよ」

 京都市左京区北白川の閑静な住宅街にあるカフェの駐車場。角谷さんは、軽自動車の荷台にぎっしり積まれた大根、金時ニンジン、水菜など約20種類の旬の野菜の説明をしていた。

 毎週月曜日の午前にやってくる角谷さんを目当てに、近所の主婦らが集まってくる。カフェを経営する梅棹(うめさお)マヤオさん(68)の妻、美衣(みい)さん(71)も「決まりきった野菜だけでなく、種類をいろいろそろえて工夫しているので選ぶのが楽しい」と話す。

 毎週3回、夕方から早朝にかけ、市内の契約農家から野菜を仕入れ、軽自動車に積み込み、お得意さんに届ける生活だ。日々の会話が新しいアイデアにつながることもある。今では京都市内の約20の農家と取引があり、フェイスブックやLINE(ライン)、ブログなどのインターネットツールを使って、回る場所や持ち込む野菜などの情報を発信している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ