PR

ニュース プレミアム

【プールサイド】入江陵介、4度目五輪へ好調維持 環境変化が奏功 

 男子100メートル背泳ぎを52秒59で優勝した入江陵介。拠点を変え、好調を維持している=1月24日、東京辰巳国際水泳場
 男子100メートル背泳ぎを52秒59で優勝した入江陵介。拠点を変え、好調を維持している=1月24日、東京辰巳国際水泳場
その他の写真を見る(1/2枚)

 柔らかな表情が、練習の充実ぶりを物語っていた。1月26日まで行われた競泳の北島康介杯男子100メートル背泳ぎで入江陵介(イトマン東進)が、2009年に自身が樹立した日本記録まで0秒35まで迫る52秒59をマーク。4度目の五輪出場へ向けて着々とギアを上げている。

 五輪イヤー最初の国内レースで存在感を放った。序盤から頭一つ抜け出すと、後半も勢いは衰えない。2位に2秒近く差をつけての圧勝だった。昨夏の世界選手権なら銀メダル相当の好タイム。前週に行われたチャンピオンズシリーズ北京大会でも52秒台に乗せていた。強化期間中の好記録連発に「現時点では満足できる。1月のこの時期に52秒5を出すのは大きい」とうなずいた。

 好調の要因に環境の変化を挙げる。五輪の前哨戦だった昨夏の世界選手権は100メートル背泳ぎで6位、200メートル背泳ぎで5位に終わった。「はいつくばってでも上に行く」。レース後の言葉通り、大会後には「弱いところを徹底的に見直す」意味で拠点を日本に移した。

 メダル争いに絡めなかった16年リオデジャネイロ五輪後、入江は17年に練習拠点を米国へ移した。昨年は日本での練習も取り入れていたが、世界選手権の結果を受けて完全に拠点をシフト。米国での指導経験もある石松正考コーチのもとで研鑽(けんさん)を積む。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ