PR

ニュース プレミアム

【ダニーの棋食徒然】“新手”続出2020バレンタイン チョコ界のオールスター競演 

その他の写真を見る(1/2枚)

 二月といえばチョコレートに触れないわけにはいかない。例年この時期は多くの百貨店でバレンタインイベントが開催される。世界から集まったチョコレートが一堂に会する様は、まさにチョコレート界のオールスターの競演といっても過言ではないだろう。

 とはいえ、近年のチョコレートは甘いばかりではない。さまざまな素材によって新しい味を切り開く挑戦は、まさに将棋における新手の開発を思わせる。いずれの業界においても、伝統を守り繋(つな)ぐことと新たな挑戦は技術の向上を支える両輪なのだろう。

 現代のチョコレートに使用されている素材は、もはやナッツや果物のような一般的な素材ばかりではない。和の食材でも、抹茶やほうじ茶といった他の甘味類とも組み合わさるポピュラーな素材だけでなく、わさびや醤油(しょうゆ)、味噌(みそ)、生姜(しょうが)といった強い個性を持つ食材が組み合わされ、味をさらに引き立てている。

 現代のチョコレートは味わうだけにとどまらない。太陽系の惑星をモチーフにした「惑星ショコラ」の美しき球体は、古の人々の憧れを象(かたど)るものであり、これからの未来を指し示すようなフォルムでもあり、見ているだけでも面白い。

 包装にも店舗ごとにさまざまな細工が散りばめられ、開封前にも心躍らされる。もはやチョコレートは見る者、食べる者の創造力をかきたてる総合芸術だ。

 このような綺羅星(きらぼし)のようなチョコレートが並ぶ季節は、世界の最先端を味わうことができる貴重なチャンスだ。いただいたり差し上げたりするばかりではなく、自らチョコを鑑賞し味わうのも、バレンタインの一つの楽しみ方といえるのではないだろうか。    (将棋棋士 糸谷哲郎八段)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ