PR

ニュース プレミアム

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】福留と糸井、評価を分ける献身性

福留孝介と話す糸井嘉男=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・松永渉平)
福留孝介と話す糸井嘉男=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・松永渉平)

 鳥谷が去った阪神のチームリーダーは、福留孝介外野手(42)であることがまざまざと明らかになった春季キャンプ序盤です。阪神は沖縄の「かりゆしホテルズボールパーク宜野座」で春季キャンプ中ですが、第2クールまでの練習で際立っているのが福留の存在感。シートノックでは守備に就き、ベースランニングでも率先して走り、ブルペンでは若手投手の投球練習の際に打席に入ってアドバイスを送る-など、チームを考えた行動の数々に球団関係者は絶賛の声です。チームを去った鳥谷には“なかった姿勢”とも…。そして、もう一人のベテランには辛辣(しんらつ)な声が渦巻いていますね。

チームに貢献する意識

 総勢44人という前例のない大所帯でやってきた沖縄の宜野座1軍キャンプ。今季は東京五輪の開催でシーズン開幕は3月20日と前倒しになりました。当然ながら選手たちの調整も急ピッチになるのですが、激しさを増す1軍枠争いの中でもひと際、際立っているのが福留の存在感ですね。

 「普通、42歳の大ベテランがあそこまではやらないんだけどね。シートノックの守備に就いたり、ベースランニングでも若手と一緒に走ったり。あの姿勢はすごいの一語」とは阪神OBの言葉です。

 もちろん、福留も開幕に合わせて1月の自主トレ段階から例年よりも早めの調整を行ってきたのでしょう。キャンプの序盤から元気いっぱいに体が動くのも調整ペースが速かったから…という背景もあります。しかし、調整ペースが速く、体が元気である、ということとチーム全体を考えた行動をグラウンドで見せる、ということは意識のレベルが違います。自分だけのことさえやっていればいい…と思わず、少しでもチームに貢献するという高い意識があるからこそ、さまざまな場面で「さすが福留」という声が巻き起こるのです。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ