PR

ニュース プレミアム

【深層リポート】東京五輪まで半年 観光誘客のチャンスだが自治体の動き鈍く 栃木

国内外から多くの観光客を集める世界遺産「日光の社寺」の一つ、日光東照宮の陽明門(根本和哉撮影)
国内外から多くの観光客を集める世界遺産「日光の社寺」の一つ、日光東照宮の陽明門(根本和哉撮影)

 栃木県内の自治体で、今夏に開催される東京五輪・パラリンピックに合わせた観光誘客の動きが鈍い。東京都心からのアクセスが良好で、世界遺産を有する日光など豊富な観光資源を持つ栃木にとって、五輪は大きなチャンスのはずだが、誘客事業に関し、県内の自治体は「特に予定していない」「検討中」などとそっけない。背景には費用不足や編成のタイミングなど、自治体の予算を取り巻く問題があるようで、このままでは今夏の好機を逃してしまうかもしれない。

国内旅行希望多数

 五輪は、栃木のように競技開催が全くない自治体にとっても、訪日外国人客(インバウンド)誘客の武器となる。日本政策投資銀行と日本交通公社がまとめた「DBJ・JTBF アジア・欧米豪 訪日外国人旅行者の意向調査(2019年度版)」によると、アジア、欧米、オーストラリアの海外旅行経験者で東京大会観戦希望者のうち、「開催地以外の地方への小旅行」を「したい」「どちらかといえばしたい」と答えた人は9割以上に上っている。

 栃木は、県都の宇都宮市まで都心から東北新幹線で約50分、東北自動車道で約2時間の好アクセス。日光以外にも、那須高原や鬼怒川温泉といった人気観光地、宇都宮餃子などの名物を多く抱える。

 また東京大会の期間中、JR東日本はインバウンド向けに管内の新幹線や特急が3日間乗り放題となる特別パスを発売予定。日光市には、世界的有名ホテル「ザ・リッツ・カールトン」が東京大会直前の5月にオープンするなど、追い風が吹いているように見える。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ