PR

ニュース プレミアム

復活相次ぐ関空・欧州路線 勢いづく旅行各社

 関西国際空港と欧州方面を結ぶ路線の復活が相次いでいる。訪日旅行人気が欧州で広がり、今年はカタール、スイス、トルコなどの路線が登場。省エネ航空機投入による追い風のほか、国際会議や大型展示会の需要拡大が背景にあるが、関西の旅行業界からは欧州方面への旅行人気が高まるのではと期待が集まっている。(田村慶子)

国際会議の需要も

 近年は東南アジア方面の格安航空会社(LCC)の増便が目立っていた関空で、今春からは大手航空会社による欧州方面への長距離便が続々と就航する。昨年4月にも英ブリティッシュ・エアウェイズが同社として約20年ぶりにロンドン線を再開しており、「欧州方面への直行便が増え、便利になる」と喜ぶ声は多い。

 今春就航の口火を切るのは3月のスイスインターナショナルエアラインズ。チューリヒ線は旧スイス航空の路線から18年ぶりの復活となる。最大の要因は訪日外国人客の急増で、スイスからの訪日客数は平成30年で5万2099人とアジアに比べて少ないが、ここ10年で倍増している。スイスインターナショナルエアラインズの広報担当者は「スイスと成田を結ぶ便は常に満席。日本への需要はさらに期待できる」と関空への就航理由を説明する。

 4月にはカタール航空のドーハ線、ターキッシュエアラインズのイスタンブール線がそれぞれ復活。両路線は欧州中規模都市への乗り継ぎにも優れる。6月にはアエロフロート・ロシア航空が約17年ぶりにモスクワ線を再開。欧州路線の就航はめじろ押しだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ