PR

ニュース プレミアム

復活した幻のそば 香りよし味よし 長野・伊那市の「入野谷在来」

長野県伊那市長谷杉島のほ場に可憐に咲いた入野谷在来のそばの花。一面に広がり、白色のじゅうたんが広がっているようだ=平成30年8月(市提供)
長野県伊那市長谷杉島のほ場に可憐に咲いた入野谷在来のそばの花。一面に広がり、白色のじゅうたんが広がっているようだ=平成30年8月(市提供)
その他の写真を見る(1/4枚)

 長野県伊那市の入野谷(いりのや)郷にはかつて在来種のそばがあり、どの家庭でもそばを栽培し、打っていた。だが、戦前からの食糧難で収穫量の多い品種ばかり栽培するようになり、絶滅したかに思われていた。それが今の世に蘇り、「入野谷在来」として収穫量を順調に伸ばし、取り扱う店舗が増えている。復活劇の起こりは、たった「6粒の種」から始まったといい、地元そば店主らの熱意が夢を現実に引き寄せた。(松本浩史)

誇れるそばがない

 入野谷郷は、旧高遠町の一部と旧長谷村の地域に当たり、地元で収穫された在来種を原料とするそばを古くから食べ続けてきた。だが次第に、病気に強く粒の大きい種がたくさん収穫できる「信濃1号」という品種が主流となり、在来種でつくられたそばは、味わえなくなってしまった。

 転機が訪れたのは平成9年。旧高遠町の商工会が福島県会津若松市を訪れた際、「高遠そば」と銘打って名物になっていることに驚いた。旧高遠藩主の保科正之が福島の会津藩に移封(いほう)となり、そば職人ともども移り住んで、この地にそば文化を広げたとされる。

 「元祖」の伊那市に誇れるそばがないのはどうしたことか。在来種を復活させよう-。10年から本格的に、復活に向けた取り組みを始めた「信州そば発祥の地伊那そば振興会」の飯島進会長は「そのころ、旧高遠町にそば店は1軒しかなかった」と振り返る。趣旨に賛同した飲食店の店先などにのぼり旗を立てるなど、機運を高める活動に勤しんだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ