PR

ニュース プレミアム

大阪の古刹にロシア人僧侶 外国人観光客にも評判

ロシア人副住職のドミトリー・ヴォルコゴノフ・慈真さん=大阪市平野区の如願寺
ロシア人副住職のドミトリー・ヴォルコゴノフ・慈真さん=大阪市平野区の如願寺
その他の写真を見る(1/3枚)

 飛鳥時代に聖徳太子が創建したと伝わる大阪市平野区の古刹(こさつ)「如願寺(にょがんじ)」に、ロシア人の副住職がいる。ドミトリー・ヴォルコゴノフ・慈真(じしん)さん(30)。若い頃から日本文化に憧れ、実家が寺の女性と結婚したのを機に、日本で本格的に修行して僧侶に。寺の宿泊施設を利用して外国人観光客らを受け入れる「寺泊(てらはく)」にも積極的で、「日本と世界の懸け橋になりたい」と意気込む。

(井上裕貴)

 「よいお参りでした」。長身の袈裟(けさ)姿で境内に立ち、流暢(りゅうちょう)な日本語で参拝者に話しかける。

 如願寺は、弘法大師空海を宗祖とする真言宗御室(おむろ)派の寺。外国人のイメージとはかけ離れているため、平成29年に副住職に就任した際は「どういった縁で僧侶に?」「どこから来たのですか?」などと質問されることも多かったという。

 しかし、その立ち居振る舞いは僧侶そのもの。檀家(だんか)を法事で訪れたり、参拝者の相談に耳を傾けたりすることも日常茶飯事だ。

 それでも「外国人の自分が、まさかお坊さんになるとは…」と不思議な縁を振り返る。

日本に憧れ

 ロシア・ウラジオストク出身。最初は中学生の頃、地域の合気道教室で日本文化に触れた。対戦相手の力を利用する「平和的」な考えの日本の武道に感銘を受けた。

 高校生の時、交流事業でウラジオストクの姉妹都市・新潟市に初来日。おいしい寿司(すし)と熱い温泉が印象に残っているという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ