PR

ニュース プレミアム

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】始まったボーア狂騒曲、高山、大山よ爪を研げ

ランチ特打に臨む阪神のジャスティン・ボーア=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・山田喜貴)
ランチ特打に臨む阪神のジャスティン・ボーア=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・山田喜貴)

 大砲ボーアで阪神優勝や!と大騒ぎの沖縄・宜野座春季キャンプ初日。期待の4番候補、新外国人のジャスティン・ボーア内野手(31)が初のフリー打撃で柵越えを連発。マルテや福留、糸井に新外国人ジェリー・サンズ外野手(32)も加えると、200発打線の誕生や!とうれしさのあまり“頭を抱える”関係者まで現れるお祭り騒ぎです。でも、2005年以来15年ぶりのリーグ優勝を成し遂げるために本当に必要なことは大山、高山ら日本人選手たちの成長です。彼らの活躍があってこそ助っ人も生きてきます。皆の衆、有頂天になってはいけませんぞ。

桁違いのパワー

 春季キャンプ初日の沖縄・宜野座。お昼のフリー打撃が始まるや「かりゆしホテルズ・ボールパーク宜野座」は盆と正月が一度に来たような大騒ぎになりました。

 「こりゃあ、阪神優勝やんか!」

 なんと、なんとスタンドでは日頃は冷静沈着?なマスコミ関係者らから「優勝や!」という“衝撃的(笑撃的)”な発言まで飛び出すありさま。球団関係者からも「バースにソックリやんか。バースってこんな打撃やったんやろ。こりゃあいけるで」と酔いしれる発言まで…。もう宜野座はお祭り騒ぎと化してしまったのです。

 そう、現実を置き去りにし、みんなを夢心地にしてくれたのはボーアでした。阪神球団が新4番候補と期待するメジャー通算92本塁打の長距離砲がフリー打撃の打撃ケージに入るや、軽いスイングで柵越えを連発。外角球を左翼後方の土手に何発も運ぶと、その後はセンター付近や右翼方向に打つわ、打つわ…。打球が柵越えする度に新4番打者を待ちわびていたスタンドの阪神ファンからは拍手と歓声が響き渡ったのでした。中には涙ぐむ熱狂的ファンも…。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ