PR

ニュース プレミアム

奈良で大人気「鹿のカチューシャ」 仕掛け人は元グラドル

自作のカチューシャを着け、シカとふれあう水本彩奈さん=奈良市の興福寺
自作のカチューシャを着け、シカとふれあう水本彩奈さん=奈良市の興福寺
その他の写真を見る(1/4枚)

 多くの観光客でにぎわう奈良公園(奈良市)周辺で最近、「シカの角」のカチューシャ(弧の形をした髪飾り)を着けた若い女性の姿をよく見かける。100円ショップでも売られているが、中には本物の角そっくりの精巧な商品もあり「SNS映えする」と話題に。仕掛け人は、シカに魅せられ東京から奈良へ移住した元グラビアアイドルだ。(藤木祥平)

 カチューシャは、シカの立派な角とかわいらしい耳を表現したデザイン。「シカの耳のふわふわしているところが好きなので、毛の長い生地で再現しています」。制作・販売を手がける水本彩奈さん(31)はそう話す。

 20歳のときに熊本から上京し、歯科衛生士を経て、昨年までレースクイーンやグラビアアイドルとして活動。奈良とは縁もゆかりもなかったが、約2年前に写真共有アプリ「インスタグラム」で偶然、シカの画像を見つけ、愛くるしい姿のとりこに。「会いたい」の一心で奈良に向かったという。

 その後、仕事のかたわら東京と奈良を行き来する生活を開始。奈良市出身の自然写真家、佐藤和斗さんの教室に通い、早朝から奈良公園に出向いてシカにレンズを向けた。

 「シカにどハマりしてしまった」という水本さんは、ついに奈良への移住を決意。「週末に東京で仕事を続けることもできたが、どうせなら奈良で仕事をしたい」。生計を立てるための手段として考えたのが、シカのカチューシャだった。

自作のカチューシャを着け、シカとふれあう水本彩奈さん=奈良市の興福寺
自作のカチューシャを着け、シカとふれあう水本彩奈さん=奈良市の興福寺
その他の写真を見る(2/4枚)

 奈良に通い始めた頃、量販店で購入したシカのカチューシャを着けて観光を楽しんでいた。「自分自身を見せる仕事をしていたからこそ、ちょっと変わったものを身に着けたくなった」といい、それが自分で作ってみようと思ったきっかけだった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ