PR

ニュース プレミアム

【エンタメよもやま話】新型肺炎、エボラ、ペスト、HIV…人類を襲う恐怖のウイルスの意外な共通点

新型肺炎対策を強化した関西国際空港で「健康カード」を受け取る中国からの到着客ら=24日午後、関西国際空港
新型肺炎対策を強化した関西国際空港で「健康カード」を受け取る中国からの到着客ら=24日午後、関西国際空港

 さて、今週ご紹介するのは、世界を騒がせるあのウイルスに端を発する関するお話です。

 中国の中央部にある湖北省(こほくしょう)の省都、武漢市(ぶかんし、人口約1100万人)で発生した新型のコロナウイルスによる肺炎が全世界規模で猛威を振るっています。

 1月25日付の香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポスト(SCМP、電子版)などによると、最初の症例は昨年12月に報告され、年明けの1月22日、中国の国家衛生健康委員会は、このウイルスで26人が亡くなったと認めました。その後、ウイルスは世界中に広がり、各地で感染者が増え続けています。

 しかし一体、このウイルス、どこから発生して、どういう経緯でヒトに感染したのでしょう? この素朴な疑問を解明すべく、いろいろ調べた結果、非常に興味深いことが分かりました今回の本コラムでは、その事実についてご説明いたします。

    ◇   ◇

■市場に並ぶ「クジャク」「コウモリ」「ラッコ」肉…新型肺炎、原因は

 まずは、今回の新型肺炎を引き起こした新型のコロナウイルスから。感染者の多くが武漢市にある華南海鮮卸売市場(かいなんかいせんおろしうりしじょう)に出入りしていた従業員や利用客だったことが分かっています。

 この市場は、その名の通り海産物はもちろん、さまざまな動物も扱っているのですが、前述のSCМP(電子版)によると、牛や豚だけでなく、クジャク、コウモリ、ヘビ、サソリ、ラクダ、ロバ、ダチョウ、ワニ、アナグマ、ラッコといった外来種を含む野生動物の肉などを販売していたのです。扱っていた動物は112種類といわれ、絶滅危惧種のセンザンコウやヤマアラシが檻(おり)に入れられ、売られていたとの情報まであります。

 そして、販売されていた野生動物のうち、中国に生息するアマガサヘビやタイワンコブラが感染源だった可能性が指摘され、同市場1月1日に閉鎖されました。

 1月22日付の英科学誌ニュー・サイエンティストや同月24日付の米CNN(いずれも電子版)などは、同月22日付の米医学誌「Journal of medical virology(医学ウイルス学ジャーナル)」に発表された中国人研究グループの研究結果を引用。

 感染者から分離した新型のコロナウイルスの遺伝子を解析したところ、近年、多くの感染者と死者を出した重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)を引き起こした、コウモリに見られるコロナウイルスと最も近い関係にあることが判明。コウモリが感染源だった可能性が浮上しました。

 さらに、この新型のコロナウイルスが好むタンパク質の詳細(コード)を調査。鳥、ヘビ、ハリネズミ、センザンコウ、コウモリ、人間などから見つかったものと比べたところ、ヘビ由来のものに最も似ていたのです。

(次ページ)あのSARSも「コウモリ」が、さらに

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ