PR

ニュース プレミアム

【動画】あのバブリーを超える? 登美丘高振り付けの「救命ダンス」が熱い

レスキューダンスをPRする大阪市消防局東住吉消防署のポスター(大阪市消防局提供)
レスキューダンスをPRする大阪市消防局東住吉消防署のポスター(大阪市消防局提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 大阪市消防局の無料動画サイト「YouTube」を使った公式PR動画が注目を集めている。バブリーダンスで一躍全国区となった大阪府立登美丘高校(堺市)の協力を得て、生徒がキレキレの“レスキューダンス”を見せる。動画を見た人が心肺蘇生などを歌とダンスで覚えられる仕組みで、軽やかな動画には、現役救急救命士の「救命率を上げたい」という熱い思いが注がれている。(藤原由梨)

踊りながら覚えて

 平成30年に開局した大阪市消防局の公式YouTubeチャンネル。出初め式や安全な消火器の使い方紹介など数ある動画の中でも、1万4千回超とトップクラスの再生数を誇るのが、昨年11月に公開された「【みんながヒーロー】命の助け方をダンスにしてみた/レスキューダンス」(約3分半 https://www.youtube.com/watch?v=qS9A7vNE49Q )だ。

♪押せ押せ胸の上 さあ、はれはれAED

 この動画では、童謡「ピクニック」のメロディーに合わせ、心肺蘇生の基礎や自動体外式除細動器(AED)の使い方がわかりやすい歌詞と映像で紹介されている。ダンス練習中の生徒が倒れるがAEDを使った迅速な心肺蘇生で回復し、無事発表会を迎えるというストーリー仕立て。心肺蘇生の方法をイメージしたダンスの振り付けもあり、誰でもできるとPRするとともに消防署のイメージを親しみやすいものであると強調している。

救命率を上げるために

 動画作成の発案者は東住吉消防署の現役救急救命士、前川茂紀さん(37)。救急隊での活動を約8年間続けてきた前川さんは、日本の救命救急の現場では、救急車や医療関係者が到着するまでに心臓疾患が原因で心肺停止となった人に周囲の人からマッサージなどの初期対応が行われず、救命率(1カ月以上の生存率)が9・0%と極めて低いことが悩みだった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ