PR

ニュース プレミアム

【変革 ハウス食品グループ】免疫細胞活性化させる乳酸菌 鶏にもエビにも

乳酸菌L-137の電子顕微鏡画像(ハウスウェルネスフーズ提供)
乳酸菌L-137の電子顕微鏡画像(ハウスウェルネスフーズ提供)

発酵食品から発見

 論文を携えて米国で営業活動するなど、それまでのハウス食品グループにはないことだった。2000年ごろから本格化させたサプリメント製造会社などへの乳酸菌「L-137」売り込み。免疫細胞を活性化させるという乳酸菌で「新しい概念を定着させるのに苦労した」とハウスウェルネスフーズの健康素材ビジネス事業部長、曽我恒太郎(50)は振り返る。

 L-137は1992年、東南アジアの発酵食品から発見された。日本の「鮒ずし」のような食品だ。武田食品工業が研究を本格化し、同社をハウスが買収した際、商品群に加わった。「当時はもうかるかどうかも分からないものだった」という。

 まず発酵食品への応用を模索したが、その後の研究で免疫細胞を活性化することが分かった。取りまとめられた研究論文を基にハウスは、健康食品の素材として米国、台湾市場に乗り込んだ。ただ、道は平坦ではなかった。

 ネックになったのは、L-137は加熱処理(死菌化)するとより高い効果を発揮するという特徴だった。死菌化すると免疫細胞に取り込まれやすい形状を維持できるのだが、生きたまま体内で働き胃腸の調子を整える、という乳酸菌の一般的なイメージとは正反対。曽我らは研究者らを相手に粘り強く、L-137の魅力を説いて回った。

 とっかかりとなったのは、米国のサプリではハーブなどを用いた「免疫」のカテゴリーがあったこと。ハウスは、免疫を示す言葉を使った造語「イムノバイオティクス」をアピールした。生きた乳酸菌を使った「プロバイオティクス」の向こうを張ったわけだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ