PR

ニュース プレミアム

厚底シューズに続け 東京五輪で選手支える企業の技術力

 米ナイキ社の厚底シューズが国内外のマラソン・駅伝レースを席巻している。過去には英スピード社の水着「レーザー・レーサー」を着た選手が世界記録を連発したこともあった。シューズや水着など使う用品によって記録に差が出る状況のなか、7月に開幕する東京五輪・パラリンピックでも、大手スポーツ用品メーカーから中小製造業者まで多くの企業が独自の技術を駆使した用品を選手に提供する。メダルを目指して選手とともに競技に挑戦する企業の取り組みを紹介する。(山本考志)

競泳水着

 ミズノは1964年の東京五輪以来、日本代表の水着を手がけてきた。今回の五輪代表への提供を視野に入れる「GX・SONIC V(ファイブ)」は、東レと共同開発の撥水(はっすい)性を高めた生地を採用し、水中での水着重量を約2割低減した。水面に近い位置を泳げるようになり、運動効率の上昇が期待できるという。

 フラットな姿勢とキック力を支えるX型のラインが腰から太ももに入るほか、女子用には腹部にラインを入れた。レース後半でも腹部が落ちず水平姿勢を維持し、水の抵抗を抑える。

 女子代表が期待される大橋悠依選手(24)は「腰が下から持ち上げられるようなサポート感がある。この水着とがんばりたい」と話す。

 五輪は水着に革新をもたらす絶好の機会だ。前回の東京五輪では、絹が素材に使われていた時代に当時の最新素材、ナイロンで軽量化した製品が現れた。76年モントリオール五輪では、ミズノは伸縮性の高いポリウレタン弾性糸を取り入れ、フィット感が向上。立体的な形状は現在の競泳水着の原型となった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ