PR

ニュース プレミアム

【変革 ハウス食品グループ】米国で豆腐 思わぬ縁で進出

ハウスフーズアメリカの豆腐製造ライン(ハウス食品グループ本社提供)
ハウスフーズアメリカの豆腐製造ライン(ハウス食品グループ本社提供)

カレーで進出のはずが…

 米国で「ハウス」ブランドを冠して製造販売しているのは、カレーでも菓子でもなく豆腐だ。年間9千万丁。近く製造能力を同1億3千万丁まで増やす計画を立てている。健康に良い食品として認知されたことが追い風になっている。良質なタンパク質が豊富な食品として、肉類の代わりに使われることが多いという。

 豆腐の硬さは6段階で、鍋料理用から炒め物の具材まで分類した結果だ。ソースと野菜、角切りの豆腐のパッケージ商品も。ハウスとして「今のような広がり方は当初、想像もしていなかった」と、米国のハウスフーズアメリカで社長を務めていた仲川宜秀(56)=現ハウス食品グループ本社広報・IR部長=は言う。

 米国での豆腐事業は思わぬ縁で始まった。1981年、ハウス食品はカレールー販売の可能性を探るためロサンゼルス市に駐在所を開設。当時の社長、浦上郁夫が同市を視察に訪れた際、現地で豆腐メーカーを経営する山内昌安と会い意気投合した。

 日本人や韓国人などアジア系移民が多い同市で、山内は47年に豆腐工場を買い取って事業を拡大。浦上と出会ったのは、全米へ打って出ようと出資者を探していたときだった。

 一方、ハウスは実は日本国内で72年から、豆腐関連商品を売り出している。もっとも、まちの豆腐店などの保護を目的に大規模事業者の進出を規制する「分野調整法」があるため、開発したのは家庭用手作り豆腐の素「クッキングとうふ」。大ヒット商品とはならなかったが、海外の日本人駐在員らに重宝され、いまも「ほんとうふ」の商品名で生産は続いている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ