PR

ニュース プレミアム

釣ったフグ、その場で完食…九死に一生を得た男性の教訓

 フグに毒があるのは公知の事実だが、知らない人もやはり世の中にはいる。兵庫県の淡路島で正月、自分で釣ったフグをその場で食べた大阪市内の男性(19)が食中毒を起こし、救急搬送された。釣った魚をその場で食べる行為はひそかなブームとなっているようだが、自然界にはフグ以外にも危険な魚がいる。専門家は「知らない魚は食べないで」と警鐘を鳴らしている。(井上浩平)

「もう食べない」と反省

 大阪市生活衛生課によると、男性は友人と2人で1月3日夕、淡路島で釣りを楽しんだ。フグ以外の魚も釣れたが、男性はわざわざフグだけを選び、たき火にかけたフライパンで焼いて食べた。頭と骨を残してほぼ完食したが、友人は口をつけなかったという。

 「おかしい、息がしにくい」。中毒症状が出たのは約2時間後の午後7時半ごろ、帰りのバスの車中だった。舌のしびれやめまい、頭痛や顔のほてりを発症。不安になった男性はスマートフォンで検索し、食べた魚が猛毒の可能性のあるフグだったことにようやく気がついた。

 それでも「症状はそのうち収まるだろう」と楽観的に考えて帰宅。だが同11時ごろになっても一向に良くはならず、「下手をしたら死ぬかも」と恐怖を感じた男性は自ら通報して救急搬送された。病院では窒息しないよう気道確保の処置が取られ、症状が改善したため翌日に退院となった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ