PR

ニュース プレミアム

いま注目 高齢化先進県の認知症予防策

 参加者に行ったアンケートでは「頭がはっきりしてきた。生活にも積極的になった」「自分なりに物事が少し勉強になった」といった感想が寄せられた。参加者の9割以上が「引き続き参加したい」と答えたことから、伯耆町では修了者を対象にした「フォローアップ教室」を開催している。

 県長寿社会課の向井京子係長は「同じ目的に取り組むことで交流の輪が広がり、高齢者の表情も変わってきた。教室をきっかけに交流が進んだのも大きな成果」と話す。

「軽度認知障害を見逃すな」

 もともと「とっとり方式-」は、16年から行われている同県琴浦町の認知症予防の取り組みがベースとなっていた。

 同町では、浦上教授が開発したタッチパネル式のコンピューター「物忘れ相談プログラム」を使って町内の65歳以上に認知症の検査を実施。「今日は何曜日?」など簡単な質問に答えてもらい、認知症やその前段階の軽度認知障害(MCI)の可能性を判断している。

 その結果としてMCIが疑われる場合、予防教室を紹介し、有酸素運動や知的活動などに取り組んでもらう。これを3カ月間続けると、認知機能が改善する効果が表れ、町の介護保険費用の削減にもつながっているという。

普及フォーラムで成果を発表する鳥取大医学部の浦上克哉教授=鳥取県琴浦町
普及フォーラムで成果を発表する鳥取大医学部の浦上克哉教授=鳥取県琴浦町
その他の写真を見る(3/3枚)

 浦上教授が、認知症予防のポイントにあげるのがMCIを見逃さないこと。放置すれば5年以内に認知症になる恐れがあり、「MCIの人に適切な予防を行えば、1割が正常に復帰でき、4割はMCIにとどまることができる」と強調する。

認知症予防が課題

 鳥取県の高齢化率は29年4月現在で全国平均の27・5%を上回る30・4%。県内高齢者の2万1千人が認知症と推計され、認知症予防が喫緊の課題となっている。

 そのため県は、市町村の担当者を対象にした「とっとり方式-」の説明会や、指導者養成の研修を開催。介護施設やサロンで行いやすいようにプログラムのパンフレットやDVDを作成し、全県展開を目指している。

 浦上教授は日本認知症予防学会の理事長を務めており、全国各地の講演会でとっとり方式を紹介。これまでに東京都渋谷区など20以上の自治体から県に問い合わせがあった。浦上教授は「これまで『認知症予防に本当に効果あるのか』という声にこたえられるものがなかった。全国に広がってほしい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ