PR

ニュース プレミアム

いま注目 高齢化先進県の認知症予防策

 高齢化が進み認知症患者も増える中、鳥取県は鳥取大などと連携し、独自の認知症予防プログラムを開発した。運動や知的活動、座学を組み合わせたプログラムを週1回継続して行うもので、高齢者136人を対象にした実証事業で効果が確認されたという。

運動+知的活動+座学

 「5の倍数で胸の前で手をたたき、7の倍数で両手をあげましょう」。昨年12月、同県琴浦町で開かれた「とっとり方式認知症予防プログラム普及フォーラム」。作業療法士の指導で高齢者らが足踏みしながら拍手をしたり、手をグー・パーに動かしたりする運動に取り組んでいた。

 同県が開発したのが「とっとり方式認知症予防プログラム」。日本財団との共同プロジェクトで、平成28年に鳥取大、同県、同県伯耆(ほうき)町が協議会を設置して開発に着手した。認知症研究の第一人者として知られる鳥取大医学部の浦上克哉教授を中心に、県内の医療や福祉、リハビリの専門職などが検討し、29年に完成した。

とっとり方式認知症予防プログラムの運動に取り組む人たち(鳥取県提供)
とっとり方式認知症予防プログラムの運動に取り組む人たち(鳥取県提供)
その他の写真を見る(1/3枚)

 「とっとり方式-」は運動と知的活動、座学の各プログラムで構成され、12~15人で週1回、2時間実践する。

 運動では準備運動の後、足踏みをしながら拍手をしたり、椅子から立ち上がり、中腰になる「椅子スクワット」を行ったりする。知的活動は計算やお手玉、カレンダー作り、パズルなど。琴浦町でのフォーラムでは、参加者はバスケットボールを数人でパスする動画を見ながらパスした回数を答えるクイズに挑戦した。

 これに、4週間に1回の座学が行われ、認知症の症状や予防に有効な生活習慣などを学ぶ。

その他の写真を見る(2/3枚)

認知機能改善などに効果

 伯耆町では29年7月~30年11月、高齢者136人を対象に「とっとり方式-」の実証事業を実施。実施前後の認知機能や身体機能を測定し、比較・分析したところ、認知機能が改善し、上・下肢の筋力や柔軟性で身体機能が向上するのが確認された。運動、知的活動、座学の3つを組み合わせたプログラムの医学的効果が証明されたのは全国初という。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ