PR

ニュース プレミアム

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】球春到来間近、鳥谷の覚悟が問われている

新天地が定まらない鳥谷敬。覚悟が問われている(撮影・山田喜貴)
新天地が定まらない鳥谷敬。覚悟が問われている(撮影・山田喜貴)

 鳥谷敬内野手(38)は今こそ現役続行への強い意欲と執念が求められています。26日時点で春季キャンプまであと6日の状況下、阪神を退団した鳥谷の受け入れ先はいまだにありません。同じ代理人事務所と契約している井口資仁監督率いるロッテがキャンプ地にテスト生として招待?とか、中日が取る?など、臆測が乱れ飛びましたが、結局はなんら動きはありません。引退説もささやかれる中、現役続行を目指すなら7月31日までを“猶予”と考え、新たな決断を下さなければならないでしょう。鳥谷にそこまでの意欲と執念があるのでしょうか-。

ピシャリと閉まった扉

 いよいよ春季キャンプのスタート(2月1日イン)まで1週間を切りました。このコラムがアップされる26日で、キャンプ開始まであと6日ですね。各選手が2020年シーズンに向けて本格的に動き始めるまであとわずかな日程の中、注目の鳥谷についての新展開は見えてきません。

 ある球界関係者の言葉です。

 「球界の情報として12球団の編成作業は全て終わっている。もう春季キャンプを直前に控えて、新たな補強策などは一切ないだろう。編成の扉はピシャリと閉まった状態にある。ということは、国内のプロ野球で新天地を探す鳥谷の希望ももはやかなわないということだ。選択肢は現役引退か、それでも現役続行に向けた次のアクションを起こすかの2つにひとつ。鳥谷の現役続行への意欲や執念の度合いが問われるのではないか」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ