PR

ニュース プレミアム

【ニュースを疑え】繰り返すなイースター島の悲劇 温暖化対策訴え ジャレド・ダイアモンドUCLA教授

 地球温暖化対策で各国の足並みがそろわない。米カリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)のジャレド・ダイアモンド教授は、環境破壊によるイースター島社会の崩壊を挙げ、「宇宙で孤立した地球の縮小モデルだ」と警鐘を鳴らす。歴史から学べる教訓とは。来日した同教授に聞いた。(坂本英彰)

 ジャレド・ダイアモンド氏 ピュリツァー賞受賞の「銃・病原菌・鉄」など独自の視点で人類史を解き明かし、現代社会に通じる問題を示している=京都市(永田直也撮影)
 ジャレド・ダイアモンド氏 ピュリツァー賞受賞の「銃・病原菌・鉄」など独自の視点で人類史を解き明かし、現代社会に通じる問題を示している=京都市(永田直也撮影)
その他の写真を見る(1/6枚)

 --昨年12月の国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)は、パリ協定の実施ルールで合意できませんでした。明らかな危機に対し人類は適切な対処ができていません

 「世界中で画一的に進行するわけではない温暖化の認識は、科学者の間でも20年はかかりました。一部で寒くなる場合もあるのです。日本や米国を襲った近年の激しい台風などのように、温暖化現象のひとつは極端な気候です。トランプ大統領はパリ協定離脱という、ひどく近視眼的な決定をしました。科学を無視し、ファンタジーの中で生きているかのようです」

 --日本も同会議で、石炭火力発電の利用を継続する方針が批判されました

 「台風リスクを抱える日本はとりわけ、温暖化の原因である化石燃料の消費を減らす努力をすべきでしょう。日本の銀行は世界の石炭火力発電所への融資の上位3位を独占し、日本の年金基金が石炭ベース産業に多額投資されているとの調査があります。日本政府が台風被害を防ぎたいと考えるなら、そのような投資は適切ではありません」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ