PR

ニュース プレミアム

【花田紀凱の週刊誌ウオッチング】〈755〉北の富士勝昭さんの本音トークがいい

相撲界のご意見番、元横綱北の富士勝昭さん。辛口解説も人気だ
相撲界のご意見番、元横綱北の富士勝昭さん。辛口解説も人気だ

 今週、いちばん面白かったのは『週刊朝日』(1・31)の「暖簾(のれん)にひじ鉄 900回記念スペシャル対談」、内館牧子さんと北の富士勝昭さんの対談だ。

 ついでに書くと、今の週刊誌の連載エッセーのなかでいちばんおもしろい(打率も高い)のは内館さんの「暖簾にひじ鉄」。愛読している。

 対談の一節を引用しよう。

 〈内館 このあいだテレビで見たんですけど、四つ相撲でがっちりいくという朝乃山を、北の富士さんが「本格派だ」みたいなことをおっしゃって。そしたらゲスト席にいた貴景勝がみるみるムカムカして「オレは押し相撲でいきます」と言い放っていたのがよかったァ(笑)〉

 〈内館 横綱を2人も育てましたしね。

 北の富士 千代の富士には優勝回数を越されたし、北勝海が八角理事長になるとは思わなかった。参ったね(笑)〉

 『週刊文春』(1月30日号)のトップは「河井夫妻『買収』原資は安倍マネー1億5千万円だった」。

 国会開会に合わせて河井夫妻が会見、というタイミングは絶妙。

 〈捜査当局が現在解析を進めるデータを求め、小誌も捜査関係者への接触を重ねた。そしてついに同じものを独自に入手〉という『文春』の取材力はさすが。

 ただし、党本部からの入金を〈安倍マネー〉は言い過ぎ。夫妻が言うように収支報告書に記載し報告すれば違法ではない。

 運動員の日当の件も、実際に1万5千円の法定限度額でやっている議員はほとんどいないというのが永田町の常識。法改正すべき問題だ。

 文春の左柱「杏と離婚危機 東出昌大『未成年不倫』」ともう1本「櫻井翔『同(どう)棲(せい)彼女』とハワイでラブラブ撮影会」は、ま、どうでもいい話。ページのムダ。

 『週刊ポスト』(1・31)の袋とじ小冊子「禁断の『原価』」。大手チェーンのブレンドコーヒー〈定価約200円→原価約10円〉、ファミレスのハンバーグステーキ〈定価約450円→原価約100円〉などには驚いた。  

  (月刊『Hanada』編集長)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ