PR

ニュース プレミアム

張本も伊藤も優勝に届かず 全日本卓球、五輪代表組“無冠”のなぜ

女子シングルス準決勝で早田ひな(右)に敗れ、3連覇を逃した伊藤美誠=1月19日、丸善インテックアリーナ大阪(松永渉平撮影)
女子シングルス準決勝で早田ひな(右)に敗れ、3連覇を逃した伊藤美誠=1月19日、丸善インテックアリーナ大阪(松永渉平撮影)

 1月19日までの7日間、丸善インテックアリーナ大阪で行われた卓球の全日本選手権で、東京五輪代表の男女6人がシングルスの優勝を逃した。史上初の3年連続3冠が懸かった女子の伊藤美誠(19)=スターツ=はダブルスでは混合と女子で3連覇したものの、最後のシングルスは女子ダブルスでペアを組んだ早田ひな(19)=日本生命=に準決勝で敗戦。男子も圧倒的な優勝候補と目された張本智和(16)=木下グループ=が決勝でフルゲームの末に宇田幸矢(18)=エリートアカデミー=に屈した。日の丸を背負う実力者たちはなぜ、相次いで苦戦したのか。 (岡野祐己)

丹羽「全日本は苦手」

 「(全日本は)苦手ですね。国際大会が続くなかで1月に入るので、調整ができないし、他の選手は全日本に懸ける思いは強い。もっと強い思いを持たないと最終日(準決勝、決勝)に残れない」

 男子シングルス準々決勝で全国高校総体2連覇中のホープ、戸上隼輔(18)=野田学園高=にストレート負けした五輪代表、丹羽孝希(25)=スヴェンソン=は敗因の一つに、準備の難しさを挙げた。

 年末年始は例年より長く約10日間の休みを取った。「(1月のワールドツアー)ドイツオープンから試合がすごく続くので、休めるときに休んだ」のが理由だ。昨年12月に激戦の五輪代表選考レースを終え、ぼろぼろになった体を癒やす目的もあったという。

 さらに、今大会は守備面を課題に挙げ、チキータではなく意識的にフォアで返し、後陣に下がって球を拾うプレーも見せた。「がつがつせず、全力だけど試しながら」と位置付けた今大会はそもそも、優勝することが最大の目的ではなかった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ