PR

ニュース プレミアム

【志らくに読ませたい らく兵の浮世日記】群衆のはやし立ては怖く…

らく兵
らく兵

 映画を見に行った。『リチャード・ジュエル』。実在した人物の名前がそのままタイトルになった映画で、クリント・イーストウッドの監督作品だ。

 1996年、アメリカのアトランタ・オリンピック。その会場近くの記念公園で起きたテロ事件が背景になっている。この事件を防ごうとした警備員が主人公で、被害を最小限におさえて世間にたたえられるが、やがてそのテロ事件の犯人として疑われていく。

 クリント・イーストウッドは、このところ実話をもとにした作品を撮ることが多い。今回もそうで、一つの冤罪(えんざい)事件をめぐって、親子の情愛や、主人公を助ける人々の温かい心情が描かれている。またそれだけに、冤罪に巻き込まれてしまうことの怖さも際立っていた。無実の人が疑われるというのは日本でもよく聞く話。いろいろと身につまされる。

 映画を観たあと思い出したのは、古典落語の「たがや」。

 たがやとは、木製の桶を締める「たが」という部分をこしらえたり、直したりする職人。花火の夜に両国橋を渡ろうとした、たがや。橋の上は大変な人ごみ。向こうから渡ってきた馬上の殿様と喧嘩(けんか)になって、しまいには刀で殿様の首をはねる。聴衆がスポーンと飛ぶ首を眺めながら、花火の掛け声「たまや」になぞらえて「たーがやー」。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ