PR

ニュース プレミアム

【大阪国際女子マラソン】2時間22分22秒への挑戦 MGC出場組の雪辱なるか

天満屋の小原怜
天満屋の小原怜
その他の写真を見る(1/3枚)

 東京五輪イヤーの幕開けを飾る「第39回大阪国際女子マラソン」は26日午後0時10分に号砲が鳴る。五輪代表の最後の1枠を争う「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ」の指定レースでもある今大会。日本人トップ争いの中心になるのは、昨年9月15日のMGCで不完全燃焼に終わった選手たちだろう。大会のキャッチコピーは「最後は、私。」。覚悟を胸に、果敢にタイムを狙っていく姿勢が求められる。(宇山友明)

 MGCでは優勝した前田穂南(ほなみ=天満屋)と2位の鈴木亜由子(日本郵政グループ)が代表切符を手にした。五輪本番でも予想される暑さの中、一発勝負の選考会という重圧をはねのける勝負強さが光った。

 一方、MGCファイナルチャレンジでは、海外勢のスピードに対応するためにも、ハードルの高い記録に挑戦することになる。代表への条件は日本陸連の設定記録「2時間22分22秒」を突破し、ファイナルチャレンジの指定レースの中で最速のタイムを出すこと。勝負の場は、大阪国際と3月の名古屋ウィメンズの残り2レースに絞られている状況だ。

■記録こだわる

 悔しい思いを味わったからこそ強くなれる。大阪国際で設定記録突破に期待がかかるのは、やはりMGCに出場した選手たちだろう。中でも決意を固めてレースに挑むのがMGC3位の小原怜(天満屋)だ。

 3位の選手の場合、ファイナルチャレンジで設定記録の突破者が出なければ東京五輪の代表切符を手にできる立場だが「もう一度チャレンジできるチャンスをもらった」と意欲的。目指すのは設定記録を突破し、堂々と胸を張って東京五輪に出場することだ。

 年末年始もチームの後輩の前田と一緒に米アルバカーキで合宿を積んだ。MGCでは2位鈴木に4秒届かず、2016年リオデジャネイロ五輪出場もわずか1秒差で逃した経験があるだけに、タイムへのこだわりは人一倍強い。

(次ページ)覚悟を決めた、ぶれぬ思い…松田瑞生、福士加代子、そして

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ