PR

ニュース プレミアム

タンチョウは増えたのか 12月調査で過去最多1251羽

北海道に生息する絶滅危惧種のタンチョウ=釧路市(北海道提供)
北海道に生息する絶滅危惧種のタンチョウ=釧路市(北海道提供)

 赤い頭頂部を特徴とする絶滅危惧種のツル、タンチョウが、北海道の令和元年度第1回越冬分布調査(12月調査)で1251羽確認された。12月調査で過去最多だった前年度より、197羽多い結果となった。明治時代に激減し、昭和27年度はわずか33羽。冬の餌付けなどで回復し、ここ20年は500羽から1000羽程度で増減を繰り返していた。生息数は増えたのか。

保護活動で回復

 タンチョウは本来、渡り鳥だが、国内では北海道東部の湿原を中心に生息する留鳥(りゅうちょう)。乱獲と生息地の開発で激減し、一時は絶滅したとみられていたが、大正末期に再発見された。

 昭和27年に国の特別記念物に指定。冬場の餌不足を補うため、環境省が59年度から釧路地方の鶴居村と釧路市で給餌を始めるなど、保護活動により生息数が回復してきた。

 今回の12月調査は、令和元年12月5日に道内313カ所で実施された。道が今月公表した調査結果によると、昭和27年度の調査開始以来、最も多い1251羽を確認。このうち野生の個体は1215羽で、前年度同期より199羽多い。

 道庁の担当者は「驚いている。生息数が回復している証拠」と話す。ただ、調査前の気象などから、実際の生息数が大幅に増えたかどうかは不明だという。

寒さで釧路に集中

 野生個体の85・4%に当たる1038羽が道東の釧路地方に集中したためだ。続いて多い道東の十勝地方でも138羽、根室地方では24羽にとどまり、11月の寒さで給餌場のある越冬地の釧路地方への移動が早まったとみられる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ