PR

ニュース プレミアム

【大リーグ通信】監督3人がクビ サイン盗み問題は球史に残るスキャンダルに発展

2017年アストロズのワールドシリーズ制覇はサイン盗みで汚れたものになった(AP)
2017年アストロズのワールドシリーズ制覇はサイン盗みで汚れたものになった(AP)
その他の写真を見る(1/2枚)

 アストロズのサイン盗み騒動は、球史に残るスキャンダルにまで発展した。わずか4日間で3人の監督が2020年シーズンどころか、春季キャンプを迎えることなく、球界を去った。「ワールドシリーズ」の栄誉を汚したが、果たして世界一の称号が返上されることはあり得るのか。

 17年、ドジャースとのワールドシリーズでアストロズが行ったとされたサイン盗みは、センターに設置されたビデオカメラで捕手のサインを読み取り、球種を打者に伝えるというもの。伝達法はベンチサイドにあるゴミ箱をたたく回数という“古風”なものから、打者に小型機器を装着させる“最先端”のものまであった。

 大リーグ機構はこれを認定し、A・J・ヒンチ監督(45)とジェフ・ルノーGM(ゼネラルマネジャー、53)に今季終了までの職務停止処分を下した。アストロズにも500万ドル(約5億5000万円)の罰金が科せられ、今後2年のドラフトで1、2巡目指名権が剥奪された。これに伴って、アストロズは1月13日に2人の解雇を発表した。

 当時アストロズでコーチとしてサイン盗みを指揮したとされた、現レッドソックス監督のアレックス・コーラ氏(44)も14日に監督を解任された。

 翌18年はそのコーラ氏がレッドソックス監督に就任、またもドジャースを下して世界一に輝いたが、この栄冠に対しても大リーグ機構が調査を開始している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ