PR

ニュース プレミアム

「三ツ矢」「ウィルキンソン」…炭酸水の聖地は関西にあり

その他の写真を見る(1/3枚)

 シュワッとしたノド越し爽やかな炭酸水のブームが続いている。居酒屋ではウイスキーのハイボールがビールをしのぐ勢いで人気を集めているほか、清涼飲料水の新商品が次々に発売され、自宅で簡単に炭酸飲料を作れるマシンも登場するなど市場は拡大する一方だ。この炭酸、実は兵庫・阪神地域に「聖地」が複数存在することはご存じだろうか。関係自治体は、このブームを逃すまいとPRに乗り出している。(河合洋成)

強炭酸ブーム乗り

 「天然たんさん水 この下にあり」

 そう刻まれた高さ1・2メートルの石柱が、兵庫県宝塚市の武庫川近くの宝塚温泉街にある。ここが今、若者に大人気の強炭酸水ブランド「ウィルキンソン タンサン」発祥の地だ。

 明治22(1889)年、英国人のジョン・クリフォード・ウィルキンソン氏が、まだ森が広がっていた宝塚で狩猟中、偶然、宝塚温泉の源泉そばで湧き出ていた天然の炭酸泉源に遭遇。翌年、瓶詰め工場を開設し、製造・販売を始めた。

 同市在住の郷土史家、鈴木博さん(66)は、1899年発行の英国雑誌に掲載された写真から、工場が温泉街近くの紅葉谷にあったと特定。「TANSAN」と書かれた木箱を積んだ荷車とウィルキンソン氏本人の写った写真もあった。

 鈴木さんによると、当時、日本人には(ラムネなど)加糖していない純炭酸水になじみがなく、おもに輸出用に販売。仁王像マークで発売した「TANSAN」ブランドは「“割る文化”のあった海外で人気になった」そうだ。ウィルキンソン氏は近くにホテルも建設し、外国人も訪れる観光地になっていたという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ