PR

ニュース プレミアム

【石仏は語る】若草山「洞の仏頭石」 六道輪廻の衆生救う六観音 奈良市高畑町

若草山「洞の仏頭石」
若草山「洞の仏頭石」

 若草山(奈良市)南麓から遠くない春日山遊歩道沿いにある「洞(ほら)の仏頭石」は、高さ約109センチで、下部は埋まっています。花崗(かこう)岩製で六角柱の上部に、仏頭が丸彫りされた特異な形状です。石幢(せきどう)のようにも見えます。

 その仏頭は、肉髻(にっけい)(頭頂部が一段高く隆起している部分)如来形の丸彫り、螺髪(らほつ)を刻出し、額に白毫(びゃくごう)(眉間の白い巻き毛)があり、首に3本のしわの線を刻んで頸部(けいぶ)三道も表現されており、厳しい面相に見えます。下部の脇侍(わきじ)が観音菩薩とすれば、仏頭は阿弥陀如来であり、六道救済の欣求浄土(ごんぐじょうど)信仰を表現しているのかもしれません。

 柱部分の側面は高さ約69センチ、横幅約20センチを測り、各面とも下端に水平一条線を陰刻。その上にいずれも対の狛犬(こまいぬ)を線刻し、さらにその上に蓮華座立像、像高約35センチ、円頭光背の観音菩薩を半肉の浮彫りで表現しています。

 正面に十一面観音、准胝(じゅんてい)観音、如意輪観音は立膝で座り、蓮華座下には波紋が表現され、聖観音、千手観音、馬頭観音の六観音とします。六観音は六地蔵と同様に六道輪廻(ろくどうりんね)の衆生を救うといわれます。

 それぞれの意味は修羅道(十一面観音)、人道(准胝観音)、天道(如意輪観音)、地獄道(聖観音)、餓鬼道(千手観音)、畜生道(馬頭観音)とし、人道に准胝観音を採用するのは真言宗系で、天台宗系では不空羂索(ふくうけんじゃく)観音となり、石仏としての作例は少ないのです。

 正面の十一面観音の右側に「□仙権大僧都覚遍木食」、左側に「永正十七(一五二〇)年庚辰二月日」、准胝観音の右側下に「円空上人」銘の陰刻がある。木食すなわち穀断ち戒を守る真言宗系修験者の関与が示唆されます。   (地域歴史民俗考古研究所所長・辻尾榮市)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ