PR

ニュース プレミアム

【経済インサイド】農水省で官僚系初のユーチューバー誕生

SNS発信プロジェクト「BUZZ MAFF(ばずまふ)」に参加する若手職員ら=7日、東京都千代田区
SNS発信プロジェクト「BUZZ MAFF(ばずまふ)」に参加する若手職員ら=7日、東京都千代田区

 農林水産省職員が霞が関初の官僚系ユーチューバーに-。農水省若手職員が食、地方の魅力を伝える交流サイト(SNS)発信プロジェクト「BUZZ MAFF(ばずまふ)」が7日から始まった。

 「さつまいも大好きチャンネル」「MAFFUME (マフューム)」「大人のピクニック」「健康の味方 血糖仮面」…。バズマフには、1日1本のペースで農水省職員から動画が投稿されている。

 例えば、「さつまいも大好きチャンネル」は、政策統括官付の渡辺さゆりさんが、「サツマイモを好きすぎる気持ちをどうしたらいいか分からなくなったときにこれはと思って…」などと冒頭で狙いを説明し、サツマイモ商品の企画を手掛ける企業の代表と対談する。

 「マフューム」は、東北ゆかりの食材で定番メニューを作るという企画で、第1回はラーメン。東北産の小麦粉で麺を作り、福島県産のセリ、岩手県さんのねぎなどを切る過程などが紹介されている。

 このほか、仕事帰りに、スーツ姿の女性職員がパンダの着ぐるみの頭部分だけをかぶって、ひとり、公園で「あー ビールが飲みたい」などと言いながら、国内産のおつまみを食べて帰るという、テレビ番組の深夜枠のシュールな笑いをほうふつさせる「大人のピクニック」と題した動画もある。

 農水省によると、江藤拓農水相が昨年9月、「ネットを使った日本の魅力を若い世代に世界中に発信するという工夫をしたいんだけど、君たちどう思うか」などと持ち掛けたところ、「そういう話が来る日を待っていました」などと若手が反応。省内で公募したころ24チームが応募し、その中から地方農政局の職員を含む、14チーム、計69人が選ばれた。

 中心メンバーは、主に20~30代前半の職員で、メンバーみずからが企画。日常業務の一環としてやっており、「場合によっては残業代、出張代も出る」(農水省関係者)という。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ