PR

ニュース プレミアム

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】「サイン盗み」激震の大リーグ…合法「クセ盗み」のススメ

阪神の矢野燿大監督。「クセ盗み」の高等戦術で上位目指せ=甲子園球場(撮影・今野顕)
阪神の矢野燿大監督。「クセ盗み」の高等戦術で上位目指せ=甲子園球場(撮影・今野顕)

 吹き荒れるサイン盗み厳罰の嵐…。矢野阪神はクセ盗み奨励で戦力アップに努めてほしいものです。米大リーグはアストロズのサイン盗み発覚から1球団のゼネラルマネジャー(GM)と3球団の監督が解任されるという異常事態に発展しています(1月17日現在)。日本球界でも、過去にサイン盗み疑惑は数々ありました。センター方向から捕手のサインを双眼鏡でのぞいて打者に伝達したり、二塁走者が同じく捕手の構えたコースを知らせたり…。それらは全てアウトですが、合法的なのは相手投手のクセを見抜いて球種を絞る“眼力”です。虎はクセ盗みを奨励して“隠れた戦力アップ”につなげてほしいですね。

問題の重大さ認識すべきだった

 年明けから海の向こうの大リーグが騒々しいですね。2017年にアストロズが本拠地の外野に設置したカメラで相手捕手のサインを盗み見て、音で打席の打者に球種を伝達していたとされる問題で、メジャーリーグ機構(MLB)は調査の結果、同球団のジェフ・ルノーGMとA・J・ヒンチ監督を1年間の職務停止処分とし、今年から2年間のドラフト1位、2位指名権を剥奪しましたね。アストロズはGMと監督をただちに解任しました。

 さらに17年にアストロズのベンチコーチとしてサイン盗みに関与していたことを指摘されたレッドソックスのアレックス・コーラ監督も解任され、当時の中心選手だったメッツのカルロス・ベルトラン監督も就任わずか3カ月で解任されたのです。ベルトラン監督は発表した声明のなかで「球界に関わってきた20年間、私はリーダーであることに誇りを持ち、物事を正しい方法で行ってきたが、今回はできなかった。チームのベテラン選手として、今回の問題の重大さを認識すべきだった。自分が取った行動を本当に後悔している」と反省の言葉を並べて事実関係を暗に認めたかのようでしたね。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ