PR

ニュース プレミアム

【関西企業 2020展望】日韓関係改善、数年かかると覚悟 デサント・小関秀一社長

インタビューに答えるデサントの小関秀一社長
インタビューに答えるデサントの小関秀一社長

中国スポーツ市場は安定成長

 ――伊藤忠商事からデサントの社長に就任して約半年が過ぎた

 「この半年で最も大きな出来事が、社長就任直後の7月くらいから影響が出始めた日韓関係の悪化だ。グループ連結売上高の半分程度を占める韓国事業への依存を懸念していたところに、こういう問題が起きた。両国間で政治的な交渉が続くが、関係回復には数年かかると覚悟している。2012年の尖閣諸島国有化で日中関係が悪化したときには伊藤忠商事の一員として北京にいた。あれから7年がたち、今の日中関係には目立った影響はない。辛抱強くやるしかない」

 ――日本、韓国との三本柱にするため注力している中国市場は米国との貿易摩擦に揺れている

 「米中という2つの経済大国の動向がこれから一番大きな問題だ。敵対的な経済関係は間違いなく10年、20年と続き、そのはざまで日本経済がさまざまな影響を受ける。それでも中国では中間層が増え、われわれが狙うスポーツ市場の内需は安定して伸びている。右肩上りの業績をよりシャープに上げていく。中国では現地企業と合弁会社を設立してデサントブランドを展開しており、中国側と日本側で6対4の合弁比率を、日本側が上げられるように交渉している。ただ連結子会社化するつもりはない。中国でビジネスを伸ばすには中国側が主導権をとる方が積極性が出る。そこは一歩譲り、ビジネスをスピーディーに展開していく」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ