PR

ニュース プレミアム

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】五輪年、矢野阪神Vの「キモ」は56年前にあり

ベンチで喜ぶ阪神・矢野燿大監督。2年目は優勝すると決めている=甲子園球場(撮影・村本聡)
ベンチで喜ぶ阪神・矢野燿大監督。2年目は優勝すると決めている=甲子園球場(撮影・村本聡)

 優勝宣言の矢野燿大(あきひろ)監督(51)に告ぐ。先発ローテーションの確立なくして、夢はかないません。2020年が幕を開け、阪神タイガースは15年ぶりのリーグ優勝&35年ぶりの日本一に向けて動き始めました。56年前の1964年(昭和39年)、東京五輪開催の年にリーグ優勝を飾っているとあって、揚塩(あげしお)健治球団社長は年頭に「東京五輪の年はタイガースが優勝しています。機は熟しました」とV宣言。指揮官も「優勝したい、ではなくするって決めている」と強気発言です。では優勝するための条件は何か。56年前の藤本定義監督の采配にこそ大きなヒントが隠されている気がします。

「優勝する」って決めている

 皆さま、あけましておめでとうございます。今年も寝ても覚めてもタイガース、365日朝から晩までタイガースを追い求めて、根掘り葉掘り書いていくつもり!?ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

 さて、年明けから阪神球団の強気発言が続いていますね。球団開きの挨拶で揚塩球団社長はこう話しました。

 「あけましておめでとうございます。今年は東京五輪の年です。前回の東京五輪の年は阪神タイガースが優勝しています。イッツショータイム! 勝って勝って、皆さまに笑顔をお届けできるように、みなさんご支援のほど、よろしくお願いいたします」

 こう切り出すと「今年は球団創設85周年。85、いい数字ですね。1985年はリーグ優勝、日本一。(矢野)監督も就任2年目、これも(歴代の監督が)優勝ならびに2位というのは、みなさんご存じだと思います」と続け、最後には「機は熟しました」と結びましたね。球団トップが年頭からここまで強気に優勝を意識した発言を行うことは極めて異例です。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ