PR

ニュース プレミアム

【関西企業 2020展望】東京五輪を機に最高のシューズ提供 アシックス・広田康人社長

インタビューに答えるアシックスの広田康人社長
インタビューに答えるアシックスの広田康人社長

強気の発注、すぐ完売

 ――昨年のラグビーワールドカップ(W杯)を皮切りに、スポーツの大型イベントが連続して開かれる

 「ラグビーW杯は日本代表の活躍で期待以上に盛り上がった。昨年はスポーツの力を実感できた1年だったと思う。アシックスはラグビーW杯でオーストラリア代表と南アフリカ代表をサポートした。両国のウエアを発売する際、発注の数が強気じゃないかと心配したが、あっという間に完売。『社長の予測は当たりませんね』といわれてしまった」

 ――今年はゴールドパートナー契約を結ぶ東京五輪・パラリンピックが控える

 「トップアスリートへの製品の供給ももちろんだが、スポーツ愛好家やアスリートを目指す人たちもいる。この機会にアシックスの現時点での最高の技術を備えたシューズを幅広く提供していきたい。ランニングシューズでいえば、より少ないエネルギーで長く速く走るコンセプトの『ライドシリーズ』が出そろうほか、さらに若い世代を意識した新しい機能性のあるシリーズも発売し、本番までにタイプ別、走力別、価格別のフルラインアップで打ち出す」

 ――デジタルツールも手掛けている

 「昨年11月にカナダの企業から買収したレース登録サイト『レースロースター』は非常に期待している。米国の5~10キロの初心者向け大会を中心に出場登録が簡単にできる。アシックスは『ランキーパー』というランニングアプリを持ち、大会までの練習プログラムも提案できる。われわれはこうした仕組みを『ランニングエコシステム』と呼んでいる。直接的に商品を売り込むのではなく、まずはランナーとの接点を広げ、結果として商品を支持してもらえる環境をつくりたい」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ